金曜日、仕事終わりの23時から既に月曜日が憂鬱だった私。

精神的にかなりヤバい状態だと自覚はしています。

ついに土曜日も終わり、曜日が日曜日に変わってしまいました。。

嗚呼、また仕事が始まってしまう。

頑張れば進められる状況にもなく、分らないことだらけ。

でもお客様に対しては、分らないでは済まされない。

袋小路な心境は金曜の夜から改善していません。

こんな気持ちで生きるくらいなら、いっそニートになった方が良いのではないか、と思ってしまう。

人生100年時代なら、この先まだ長いし、小休止してもいいのではないか。

いや、この先長いからこそ、貯蓄もない身分としては、我慢してでも、安月給でも稼ぎ続けないと、破綻するのではないか。

悶々とした土曜日を過ごしている中、三浦春馬さんの訃報を聞いた。

芸能人の悩みは、一般の会社員とは全然違うのでしょうけれど、

全く他人事ではありませんでした。

本当に、人の心も、人生も、紙一重。

凄く幸せだと思った直後にガクっと落ち込んだりする。

私たちの祖先は、常にリスクを考えて行動してきたから生き残れた、と聞きます。

私たちはその末裔だから、100パーセントの幸せが持続することは、DNA上あり得ない。

でも当然ながら、ストレスにも限度がある。

自分にとって、その限界がどこなのか、分らないから辛いのだ。

色々なことが不安で、怖い。

明日はできれば、ウォーキングでもしてみよう。

私は鬱になると布団から出られなくなり、さらに鬱が悪化するという負のスパイラルに陥りがちなので、なんとかそれは阻止したい。

 

  


最後までお読みいただきありがとうございました。
最後、応援のポチをいただけたら嬉しいです。
いつもありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

おすすめの記事