存在の大きさ

こんばんは。

一週間、お疲れ様でした!

金曜日の夜の開放感ったらないですね。

土曜の朝から、月曜へのカウントダウンが始まってしまうのですが(損な性格)。

 

月から金、朝から晩まで社畜をして、ヘトヘトに疲れているとき、アパートの机に、1本の愛犬の毛が。

なんと、実家からついてきたんですね。

「わたしはここにいるよ」って言ってくれているようで、気持ちが和らぐのも束の間、涙が出てしまいました。

あの子と一緒に過ごしていたころは、仕事やプライベートで、どんなに辛いことがあっても、この子のために頑張らなくてはと自分は奮起させることができました。

あの子が元気でいてくれることが、仕事のモチベーションや自分の存在意義になっていました。

あの子を失ったことで、生きる希望を失ったと言っても過言ではありません。

私のこんな状況を知ったら、あの子が悲しむのは分かっているのですが、私はどうにも精神的に弱くてダメです。

ペットロス、なんて、平たい言葉では片づけられません。

もし、天国のような世界があるのなら、もし、あの子がそこで楽しく過ごせているのなら、この気持ちは一気に軽くなるのですが。

ダメですね。

こうならないように、後悔の無い(少ない)道を選択しなければならなかったのに、もはや後の祭りです。

すみません、暗い記事になってしまいました。

お互い、良い週末を過ごしましょう!


最後までお読みいただきありがとうございました。
最後、応援のポチをいただけたら嬉しいです。
いつもありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

おすすめの記事