私は昨年、とても大切だった愛犬を亡くしました。

まだ気持ちの整理はまったくできていません。

私は、辛い出来事にはとことん向き合い、考えられるだけ考えて解決するスタイルなのですが、こればっかりは真正面から向き合うと壊れてしまう気がします。


ペットとの死別は、人間との死別とはまた違うショックがあります。

人間の場合、ある程度歳を重ねれば、自分の人生に責任を持つようになりますし、選択の自由があります。

一方ペットは、その子の一生の全責任が、飼い主にかかっていると思っています。

だからこそ後悔はひとしおです。


もう亡くなってしまったのだから、今さら後悔しても、今さらあの子に謝っても、本当に仕方のないことなんですけど。


私は独り身ということもあり、愛犬は子どもと同じでした。

仕事で辛いことがあっても、あの子がいたから、あの子のおやつ代を稼がなきゃと思えば、頑張れました。

私は、本当に色々なものをあの子からもらっていたのに。。


たくさんお留守番させてしまった。

あの子が病気で辛いときに、テレワークもできたはずなのに仕事に出てしまった。

最期、抱きしめてあげられなかった。一番怖かっただろうに。苦しかっただろうに。

後悔で涙がとまりません。


こういったことは、時間は解決してくれません。

20年前に亡くした前の子のことも、まだ昇華できていないです。

たとえ自分の考え方を変えたとしても、事実は変わらない。


本当に、救いがないです。

自業自得なんですけど。


自分の人生に対する後悔であれば乗り越えられるけれど。

大切な存在に対する、取り返しのつかない後悔ほど、辛いものはないです。

救いがないものは、ないです。



最後までお読みいただきありがとうございました。
最後、応援のポチをいただけたら嬉しいです。
いつもありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

おすすめの記事