転職,資格

こんばんは。

私にとって土曜日は、翌日極小アパートに帰る憂鬱な日・・というネガティブさをなんとかしたい。

一方犬は、常に今を全力で生きているんですよね。

過去にあんなことされた、とか、明日からまたお留守番で憂鬱、なんて思っていないと思うんですよね。

愛犬から様々なことを学んできたはずなのに、いくつになってもダメダメです。。

 

さて、今日は午前11から約2時間、転職エージェントと会話しました。

過去最長です。

ビズリーチで評価3.5と高く、通常のエージェントの3倍程度の成果(年間9000万の売り上げ)をコンスタントに出しているというやり手らしいので、ちょっと構えていました。

実際会話してみて、やはり会話のスピードは速く、無駄なことは話したくない的な雰囲気を感じたので、私も無意識に早口で端的に会話しました。

それで2時間ですから、かなり話していたことになります。

その分、今日はたくさんの収穫がありました。

・大手転職エージェントは、基本的に人材を右から左に流す仲介をするだけであり、企業の内情を熟知しているわけではないため、転職後のミスマッチが発生しやすい

・転職未経験者は大手転職エージェントの方が安心感があるため、そちらに流れやすい。最初の転職で失敗した人が学習して、小さくても企業研究に長けた我々のようなエージェントを使う傾向にある

・我々は企業の上層部と親睦が深く、企業紹介のHP作りも任されている。企業の内情にも精通しているため、転職希望者への情報提供量が格段に違う

・大手企業の中には、たくさん人材を紹介する大手転職エージェントとしか契約しないところもある。そういった企業はミスマッチによる転職も多いため、人材確保に苦慮しているところもある

あとは企業の紹介をかなり深く聞けました。

私はこれまで、10人ほどの転職エージェントと話してきましたが、今日の人から転職しようかなと思ってしまいました。

トーク力というのもあるかもしれませんが、企業を深く知っているというのは、転職エージェントとして一番のストロングポイントですよね。

転職希望者としては、次は失敗したくないと思っているわけですから、できるだけネット上に載らない企業情報が必要なわけです。

結構辛辣なことも言われました(この企業はあなたは受からないと思う、など)けど、私ははっきり言ってくれる人のほうが良いです。

問題は私のほう。。

あなたがどういう方向に行きたいか、何をやりたいか次第です、と言われて言葉が詰まりました。

私は何をやりたいって・・、働かず自由に生きていきたい!

これが心からの本音です。はぁ、、どうしようもない。。

仕事で何をやりたいかっていうのも、定まっていないんだよなぁ。

何をしたいかというより、誰と出会うか、その人たちとどんな関係を構築できるかが重要で、そこまではいくら有能な転職エージェントでもわからないだろうな。

悩めるところではないけれど、悩む。

まず、仕事をしたい、休み飽きた、と思えるくらいの休みが欲しい。。


最後までお読みいただきありがとうございました。
最後、応援のポチをいただけたら嬉しいです。
いつもありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

おすすめの記事