夢を見ました。

私たち一般市民を、暴力で押さえつけようとする兵士達がいます。

兵士達は、逆らえるものなら・・と言わんばかりに私たちを挑発します。

私はただただ足がすくみ、その場に座り込みます。

でも、傍にいた知人達は立ち上がります。

自分の命をかけてでも立ち向かうというのです。

そして両脇にいた知人が、私に手を差し伸べます。

立てるよね?一緒に戦うよね?

 

嫌だ。私はまだ死にたくない。戦いたくない。

思いとは裏腹に知人の手を取る私。

すくむ足でなんとか身体を支えますが、なおも震えています。

 

ここで目が覚めました。

今の情勢からきた夢だと思います。

志願兵が後を絶たないと聞きますが、同調圧力によって意に反して・・というケースも少なくないだろうと思います。

実際私も、全く戦いたくなかったけれど、ここで立たなかったら孤立して、居場所が無くなると思いました。

どちらも甲乙つけ難い恐怖です。

 

現実は、美談どころの話じゃないと思います。

本当に怖いことです。

一日も早い平穏を祈ります。

おすすめの記事