私は昨年、愛犬を亡くしました。

まだまだ気持ちが整理できておらず、辛い日々を送っています。


こないだ、掃除機をかけていたんですね。

そしたら、排気口から愛犬の匂いが。

その掃除機ではよく、愛犬のクッションを掃除していたんでした。


今は亡き愛犬が、いまは匂いで、確かにここに、ある。


そう思った瞬間、涙が止まらなくなりました。

私はあの子のことを、一番大切と言っておきながら、

後悔もたくさん残してしまったので、

本当に、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

後悔と、寂しさと、会いたい気持ちと、

いつかは消えてしまうであろうこの掃除機の匂いと。

すべてがないまぜになって感情に押し寄せてきました。

あの子がいないなんて、いまだに信じられないです。

あの子がいなくても、世界が継続しているのが信じられないです。

身内を亡くしたときもそう思いましたが、

私にとって、愛犬は子ども。

子どもを亡くすというのは、言葉に表しがたいダメージを

負いますね。

何をどう考えようが、現実は変わらないのですが。

定期的に、堂々巡りの無限ループに陥ります。




最後までお読みいただきありがとうございました。
最後、応援のポチをいただけたら嬉しいです。
いつもありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

おすすめの記事